INTERVIEW社員インタビュー

INTERVIEW 01

視野を広げ、
可能性を高められる環境。

企画開発部
MD・リーシング室
主任

今田 翼2015年入社

※所属・肩書は取材当時のものです。

街がにぎわい、活性化する姿を
次は自分の手でつくりたい。

商業施設の運営を通じて地域を活性化させたいと思い、プライムプレイスを志望しました。私が中学生の頃、実家近くに商業施設が開業され、街がにぎわい暮らしが豊かになっていくさまを見てきました。自分自身もワクワクしましたし、周囲も笑顔になり街全体が元気になったことを覚えています。

数ある会社の中から、多くの人と直接関われるプロパティマネジメント事業に興味を持ち、その中でもプライムプレイスは多種多様な物件を運営しており、自分の視野を広げられると感じました。また、何より地元の施設を運営できるチャンスがあったので、業務を通じて地元を活性化したいと思い入社。実際に、入社2年目に希望通り地元の商業施設の開業を担当できました。

テナント誘致から開業まで一貫して担当。

入社2年目で携わったテナントリーシングは、テナントさまへのアプローチや物件の説明・条件交渉など全てがはじめてで、上手くいかないことばかりでした。上司の商談に同席させてもらったり、週一回の勉強会を開催してもらったりしたことで、少しずつ商談に必要な基礎知識やスキルを身に付けることができました。周りが親身に支えてくれたことで、自分一人で契約まで交わすことができ大きな成長を感じられたことを覚えています。

この経験を活かして、2、3年目には地元の商業施設の開業を担当。テナント誘致から携わり、開業準備では館内規則の作成や開業に向けたテナントさまへの説明会の開催、協力会社とのイベント企画など多くの業務を経験しました。開業前から開業後まで一貫して携われたことは貴重な経験となりました。無事に開業し、お客さまがたくさん来てくれた時は家族や友人にも自慢したくらい嬉しかったです。

大型区画のテナント誘致に成功。

現在は、MD・リーシング室でテナント誘致に取り組んでいます。その他にも新人の教育やSCビジネスフェアの出展企画、新システム導入プロジェクトなど社内の様々なプロジェクトにも参画しています。

テナント誘致を行う中で、特に思い出に残っているのは、大型区画の誘致を成功させたことです。苦戦している区画でしたが、フロア内でも目玉となる大型の区画。何としても成功させたいと思いました。テナント誘致は来館客のニーズや周辺テナントとの買回り、出店する際の時期・条件など様々な視点で検討していくことが重要です。それらを踏まえ、自らが望ましいと考えるテナントさまと交渉を重ね、無事に開業することができ、館・フロアの売上、集客などに対してプラスの効果をもたらすことができた時は達成感を感じる事ができました。

多角的な視点で分析したり、関係各所と調整する大変さもありますが、信頼関係を築き長いお付き合いをするためには、何より誠実な姿勢が大切だと思います。

多種多様な経験を積んだ、
商業のゼネラリストに。

当面の目標は、MD・リーシング室へ成果で貢献することです。1区画でも多くのテナント誘致を行うことで、会社の成果やオーナー満足度の向上に繋げていきたいと思います。また、プライムプレイスにはさまざまな物件、多種多様な職種があるので幅広い経験を積み、商業のゼネラリストとしてどんな物件に対してもニーズをくみとり、柔軟かつ幅広く対応できる人材になることを目指しています。「〇〇さんのようになりたい」と思える先輩や上司が数多くいて手厚くサポートをしてくれたり、頑張りや前向きな姿勢を認めて応援してくれたり、一人ひとりを大切にしてくれる環境があるからこそ、どんどん新しいことにチャレンジしていきたいと思います。