INTERVIEW社員インタビュー

INTERVIEW 03

若いうちから、
幅広い仕事を任される手応え。

第一運営本部
スマークオペレーションセンター
スタッフ

郷古 春菜2017年入社

若い会社ならではの魅力がいっぱい。

学生時代の専攻は社会学。就職活動では「自分にとって身近な業界で働いてみたい」と考え、特に業界を絞らず様々な会社を研究していたのですが、ある時プロパティマネジメントというビジネスの存在を知り、すぐに興味を惹かれました。注目したのは、商業施設にも商圏のデータ分析に基づく運営が必要なのだという点。学生時代に学んできた社会学にも通じるものを感じましたね。そうして出会ったのがプライムプレイスでした。

他社とはひと味違って、多種多彩な商業施設を運営していること。いろいろなバックグラウンドを持つ先輩たちが在籍していること。新卒採用をスタートして3年目で、いい意味でカラーが定まりきっていないこと。「この会社で働きたい!」と思うようになるまで、時間はかかりませんでした。

等身大の自分でテナントさんと向き合う。

最初の配属先は、北関東最大級の商業施設『スマーク伊勢崎』のオペレーションセンターでした。オペレーションセンターの主な業務は、テナントさまとのリレーションなどを主に担う営業グループと、バックオフィス業務を担う管理グループの大きく2つに分かれています。私は営業グループの一員として、まずは先輩たちのもとでOJTを受けながら、商業施設の仕組みやオペレーションセンターの役割、仕事の流れなどをじっくり学んでいきました。

入社半年目には、服飾雑貨分野の担当者として、約20店舗ほどのテナントさまを担当することに。テナントさまとのコミュニケーションを深めながら、日々の運営サポートなどに取り組んでいきました。心掛けていたのは、オペレーションセンターの一員としての責任をまっとうしつつも、新人であることを隠さず、背伸びせずに仕事に取り組むこと。テナントさまから教えていただくことも多かったですね。

試行錯誤の日々が、私を成長させてくれる。

テナントさまを担当すると同時に、共用部で行われる様々な催事の運営・管理も任されることになりました。週末などに企業やショップなどがブースを構えて開催する販促イベントの契約~運営サポートまでをトータルに手掛ける仕事です。日々コミュニケーションを取っていたテナントさまだけでなく、初めてお会いする方々とのコミュニケーションが増えたことで、仕事の難易度がワンランクアップ。会議や打ち合わせの数も増え、スケジュール管理も一筋縄ではいかなくなりました。正直、今でも試行錯誤の連続です。ですが、これをきっかけに仕事の優先順位などを意識するようになり、ビジネスパーソンとしての視野がぐんと広がっていったように思います。

もっともっと、新しい何かに挑戦したい!

入社2年目に入ると、服装雑貨分野に加え、H&BC(ヘルス&ビューティケア)分野も担当することになり、担当のテナントさまは20店舗⇒40店舗に拡大。新しく入社した後輩の指導も任され、さらには販売促進・広告宣伝のアシスタント業務にも携わることになりました。新たな業務が増えるたびに「私に務まるのかな」という不安も感じますが、もともと何かに挑戦するのが大好きな性分。「新しいことに挑戦できる!」という嬉しさの方が大きくて、日々、前向きに自分のミッションに取り組んでいます。

最近では、ちょっとした問い合わせなどの際に私を指名してくださるテナントさまも増えてきて、頼りにされている責任とやりがいを実感できる瞬間も増えてきました。一歩一歩着実に、視野&スキルに磨きをかけていきたいですね。